管理者あいさつ

管理者あいさつ(高齢者施設管理者)


常務理事兼高齢者施設管理者
菊地 弘

 皆様におかれましては、穏やかに新年を迎えられたこととお慶び申しあげます。
 昨年は、恒例の今年の漢字一文字に『災』という文字が選ばれました。自然現象や社会的な出来事がたくさんありましたが、当法人におきましては、大きな災害等なく無事に利用者さんとともに1年を過ごすことができましたこと、感謝いたします。
 今年は、4月末に天皇陛下の退位と新天皇陛下の即位という大きな式典があります。新年度のはじめには、新たな年号が何に決まるのか興味津々です。また、4月下旬から5月6日までの10連休も大きな話題になっています。私共、南東北福祉事業団としましては、連休を歓迎はしつつも皆様の暮らしが一番ですので、サービスの提供を停止することはできないと考えています。そして、7月以降は来年開催予定の東京オリンピックで、また大きな話題が連日報道されるようになるでしょう。
 当法人としましては、今年は2つの大きなイベントが控えています。
➀東京都世田谷区に、一般財団法人脳神経疾患研究所と共同で運営する『東京リハビリテーションセンター世田谷』が4月1日にオープンします。
②社会福祉法人設立満20年の節目を迎え、記念式典を厳かに開催しようと準備を進めています。
社会福祉法人として、郡山市日和田町、郡山市八山田、川俣町、東京都中野区、東京都世田谷区と5つの事業拠点となりますが、当法人の団是「すべては利用者さんのために」を揺るぎなく実践して参りますので、皆様のご指導のほどお願い申し上げます。
 そして、今年の漢字一文字が『福』となりますように!

2019年1月4日

管理者あいさつ(法人本部管理局長)

oya kyokutyou.jpg
法人本部管理局長
大谷 英明

 平成31年4月1日付で社会福祉法人南東北福祉事業団 法人本部管理局長を命ぜられ、着任しました大谷英明と申します。よろしくお願いいたします。

 私はこれまで36年間、県職員として働いてきました。その間、新採用時に勤務した児童福祉施設のほか地域福祉や児童福祉の行政事務も経験してきましたが、高齢者・障害者福祉サービスの現場はもちろん初めての経験です。
 平成から令和に元号が変わる年に、また事業団設立20周年に当たる記念すべき年に皆さんと出会い一緒に仕事ができますのも、初心に帰ってもう一度福祉の心で仕事に取り組めという、天からの導きがあったものと理解しています。
 社会が複雑化し、少子高齢化の波が激しく押し寄せる現代にあっては、介護福祉サービス、障害者福祉サービスへのニーズは高まる一方ですので、「すべては利用者さんのために」という団是のもと、私も法人本部職員として全力で取り組み、地域社会の発展に貢献してまいりたいと考えています。
 また、当事業団ではこの4月に、東京都世田谷区に新たな拠点が整備され人的にも面的にも大きく拡大しましたが、施設間の連携がますます重要になってきておりますので、皆さんのご協力をお願いいたします。
 結びに、皆さんの益々のご発展、ご活躍をご祈念申し上げまして着任の挨拶とさせていただきます。

2019年4月1日

管理者あいさつ(障がい者施設管理者)

高荒3.JPG
障がい者施設管理者
髙荒 淳

 明けましておめでとうございます。2019年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。日頃より、私ども総合南東北福祉センターの運営に対しご支援賜り、心より御礼申し上げます。
 本年は、総合南東北福祉センターにとって、開設20周年という記念すべき節目の年です。平成11年4月の施設開所以来、ご利用者様、ご家族様、地域住民の皆様のご支援、ご協力により、福祉の拠点としての役目を果たすことができました。皆様に心から感謝申し上げるとともに、今後より一層のご支援ご鞭撻をお願いいたします。
 さて、今年は"亥"年。イノシシというと、がむしゃらに突き進む姿から、向こう見ずに一直線に突き進む「猪突猛進」という言葉がありますが、もう一つ、「猪突豨勇(ちょとつきゆう)」という突き進む勇気があることを指す言葉もあります。時と場合によっては「しっかりと冷静に前を向き、勇気を持って突き進む」ということも必要になります。
 近年、時代の流れと共に障がい福祉サービス、介護保険サービス等は、目まぐるしく変革しています。そのような中、当施設では『すべては利用者さんのために』の団是のもと、イノシシのように臭覚を研ぎ澄まし、皆様方から選ばれる施設となるべく研鑽しながら突き進み、より質の高いサービスの提供に努めてまいります。
 結びとなりますが、皆様の益々のご発展とご健勝を心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もよろしくお願いいたします。

 2019年1月4日